保土ヶ谷区,旭区のインプラントなら金子歯科医院

Tel:045-383-3882

矯正歯科

小児矯正(こどもの矯正歯科)

小児矯正の必要性

乳歯の時期に矯正治療をしたほうが効果的な症例が多いため、小児矯正では早めのご相談をおすすめしています。顎の骨の成長が止まってしまっている大人に比べ、お子さんは成長段階なので歯が動きやすく、成長に合わせコントロールしながら矯正治療を行うことが可能です。

矯正治療は大人になってからでも可能ですが、子供の時期に矯正をするほうが負担は少なく、理想的な矯正治療を行うことができます。

小児矯正(こどもの矯正歯科)

小児矯正のメリット

早く、きれいに整う

お子さんの場合、自然な顎の成長を利用できるため、大人になってからよりも負担が少なく、きれいに歯並びを整えやすくなります。また、子どもの頃の方が歯を動かしやすいため、大人よりも治療期間を短縮できます。

抜歯を避けられる

顎の成長を正しく促していれば、抜歯が必要な場合でも、その可能性を抑えることができます。

コンプレックスにならない

悪い歯並びは、コンプレックスになります。歯並びに自信がなければ、せっかくの笑顔も手で覆ってしまったり、周囲からの目線が気になったりします。